ここから本文です

<話題>バイオ関連株が物色されるなか「バイオ・ライフサイエンス研究展」が開催

6/20(火) 8:30配信

モーニングスター

 「バイオ・ライフサイエンス研究展」が28日から30日にかけて東京ビッグサイトで開催される。ライフサイエンス分野の「研究機器」「試薬」「分析装置」「受託サービス」など、先端バイオ技術が一堂に出展する。足元で、バイオ関連株への物色が続いていることから、同展示会が刺激となる可能性もありそう。

 クラボウ <3106> は、ヒトや動物・植物、微生物を検査対象とし、DNA検出やSNP解析に対応した核酸クロマト技術を利用した遺伝子検査キットを紹介。コスモバイオは、「ヒトiPS由来細胞および培地」「Ion Channelスクリーニングサービス」「3D Tissueによる毒性評価試験サービス」「ペプチド合成、抗体作製サービス」などを提案する。スクリーン <7735> は、3次元培養の高度な解析能力を有するセルイメージャーシリーズを出展。福島工 <6420> は、培ってきた温度管理技術を駆使したフリーザーや薬用保冷庫などのメディカル・ライフサイエンス機器を紹介する。リボミック <4591> は、創薬技術「RiboARTシステム」を活用したアプタマー創薬を提案する。

 主な出展企業
 アイロムG <2372> 、アドバンテス <6857> 、岩谷産 <8088>
 カネカ <4118> 、カルナバイオ <4572> 、キーエンス <6861>
 クラボウ <3106> 、コスモバイオ <3386> 、シスメックス <6869>
 GNI <2160> 、スクリン <7735> 、大陽日酸 <4091>
 テルモ <4543> 、洋缶HD <5901> 、ニコン <7731>
 ニチレイ <2871> 、ゼオン <4205> 、ホトニクス <6965>
 日立工 <6581> 、福島工 <6420> 、富士フイルム <4901>
 三井化学 <4183> 、リボミック <4591> など。

(モーニングスター 6月19日配信記事)

チャート

クラボウ3106
279円、前日比+7円 - 8/16(水) 15:00

チャート

SCREENホールディングス7735
7210円、前日比-90円 - 8/16(水) 15:00

チャート

福島工業6420
4275円、前日比+180円 - 8/16(水) 15:00