ここから本文です

梅雨を彩る色鮮やかな花々 2000株のクレオメが見ごろ/千葉市

6/20(火) 20:55配信

チバテレ

 千葉市内の植物園で色とりどりの花が咲き誇り、園内に彩りを添えています。
 千葉市の三陽メディアフラワーミュージアムではいま、2000株のクレオメが見ごろを迎えています。
クレオメは熱帯アメリカ原産の1年草で、変わりゆく濃淡と花の形がまるで酔った蝶のように見えることから酔蝶花とも呼ばれています。
花びらが薄いため日差しの強い日中には萎れてしまうため、午前中や夕方、曇りや雨の日に観賞するのがオススメだということです。
なお、緑から白、そしてまた緑へと色を変えるアジサイのアナベルや色鮮やかな百日草も競うように咲き誇っていて園内をカラフルに彩っています。

最終更新:6/20(火) 23:01
チバテレ