ここから本文です

大型IRパリジャンマカオ、再検査でも基準値超えるレジオネラ菌検出=在郷軍人病患者が潜伏期間中に滞在

6/20(火) 11:02配信

マカオ新聞

 今年(2017年)4月21日、香港の在郷軍人病(退役軍人病、レジオネラ肺炎)患者3人が発病前の潜伏期間中にマカオの大型IR(統合型リゾート)パリジャンマカオに滞在、宿泊していたことが明らかとなった。患者は66~84歳の男性で、今年1~3月にかけて発病したという。

 マカオ政府衛生局は、同日から旅遊局の協力を得てパリジャンマカオにおける一連の調査を展開し、同施設に対して予防措置を講じるよう命じた。具体的には、パリジャンマカオの噴水、スパプール、スイミングプール、給水システム等の公共用水域の保守状況調査とサンプル検査を実施。噴水の一時停止及びサウナプール、スイミングプール、給水システムの徹底洗浄と消毒を要求した。

 同局は4月末から5月頭にかけてパリジャンマカオの内で採取した78の水のサンプルの検査を実施。このうち、ホテル客室、ロビーのトイレ、スイミングプールのシャワールームなど複数箇所の蛇口からレジオネラ菌を検出し、10のサンプルで基準値(10CFU/ml)を超過していた。また、塩素消毒を行う二次給水システムが正常に作動おらず、塩素不足となっていたことも判明。運営側に対し、二次給水システムの改善及びリゾート内各所の出水口パーツの清掃を求めた。なお、プール、スパ、噴水からはレジオネラ菌は検出されなかった。

 その後、改善措置が講じられたことを受け、5月8日から6月1日にかけて再検査を実施。6月19日に結果が公表された。153の水のサンプルのうち、依然としてレジオネラ菌が検出されたが、陽性比率は前回と比較して大幅に低下していた。ただし、初回検査の対象とならなかったショッピングモールのトイレ及び客室の洗面台の蛇口の計3つのサンプルで基準値を超過していた。衛生局は、あらためてレジオネラ菌に対して有効な消毒措置を実施するよう運営会社側に求め、再々検査を実施する方針。なお、運営会社はシンガポールの専門業者に委託し、全面的な給水システムに関する評価の実施とより効果的な消毒方法の模索しているとのこと。

 在郷軍人病はレジオネラ菌が引き起こす伝染病の一種で、菌を含む水が空調などを通じて飛散することによる空気感染すると考えられている。レジオネラ菌は多様な環境下に存在するが、20~45℃の温水で成長しやすく、水のタンク、スパプール、噴水、家庭で用いられる医療用吸入器などから見つかることも多いとのこと。症状としては、発熱、空咳、呼吸困難、倦怠感、頭痛、皮膚痛、腹痛、下痢などが挙げられ、抗生物質による治療が可能とのこと。マカオにおける退役軍人病の感染例は、直近10年間で2010年に確認された1例のみという。

 パリジャンマカオは米ラスベガスサンズグループのサンズチャイナ社が運営するフランス・パリがテーマの大型IRで、2016年9月にオープンしたばかり。2分の1スケール(約160メートル)のエッフェル塔のレプリカ、供給客室数およそ3000室のホテル、カジノ、ショッピングモール、コンベンション施設、シアター、スパ、ウォーターパークなどで構成される。

最終更新:6/20(火) 11:02
マカオ新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ