ここから本文です

梅雨前線活発化 奄美や九州を中心に非常に激しい雨・大雨に警戒

6/20(火) 5:36配信

ウェザーマップ

 きょう20日は、南西諸島や九州を中心に雨が降り、雷を伴い非常に激しく降り、大雨となるおそれがある。低い土地の浸水・土砂災害・川の増水や氾濫に警戒が必要となる。

 きょうは梅雨前線や暖かく湿った空気の影響で、南西諸島や九州などで雨の降る所が多く、特に奄美地方や九州南部では1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降る所がある見込み。

 夜になると活発な雨雲は東へ進み、四国・中国地方でも雨となり、太平洋側を中心に大雨となりそうだ。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要となる。また、きのう19日に大雨となった沖縄では、昼前まで土砂災害に警戒が必要だ。

【予想雨量】あす21日朝まで(多い所)
四国      250ミリ
奄美・九州南部 200ミリ
近畿      120ミリ

 あす21日にかけては、雨の範囲が東日本や東北にも広がり、近畿や東海・関東でも雨量が多くなる可能性がある。今後、地元の気象台が発表する警報や注意報、気象情報などに留意するよう心掛けたい。

最終更新:6/20(火) 5:51
ウェザーマップ