ここから本文です

13号車レベリオン、まさかの失格処分で総合3位が幻に。8号車トヨタが総合8位に繰り上がり/ル・マン24時間レース

6/20(火) 8:43配信

motorsport.com 日本版

 ネルソン・ピケJr.、デビッド・ハイネマイヤー・ハンソン、マティアス・ベッシェがドライブを担当した13号車レベリオンは、2017年ル・マン24時間レースをクラス2位、総合3位でフィニッシュしたが、レース後にペナルティを科せられてしまい失格処分となった。

【動画】2017年ル・マン24時間レースハイライト

 2017年のル・マン24時間レースは、LMP1クラスにトラブルが続発。結局、生き残ったのはポルシェ2号車とトヨタ8号車の2台のみとなった。2号車はなんとかLMP2クラスのマシンを上回り、総合優勝。13号車レベリオンはそこから3周遅れ、LMP2クラストップで一時は総合首位を走った38号車ジャッキー・チェンDCレーシングからは2周遅れだった。

 しかしながら、レース後に”公認を受けた部分を修正し、レース中にそれを使用した”として、リザルト剥奪。まさかの失格処分となった。

 この違反は、レベリオンのクルーがスターターモーターにアクセスできるように、『エンジンカバー右側に穴を開けた』ことによるものだ。レース終盤、13号車レベリオンにはピットアウト時のエンジン再始動にトラブルが発生しており、ピットの度にリヤカウルを外しエンジンカバーを開け、スターターモーターに”衝撃”を与える必要があったため、この対策として行われたものと見られる。

 事実上、13号車レベリオンはレース終盤、公認されていないボディワークを使用して走行をした、ということになるのだ。

 スチュワードは、テクニカルデリゲート(技術監視員)の撮影したビデオでこれを発見、その後レベリオンにも確認をとった。

 この失格により、アレックス・ブランドル、トリスタン・ゴメンディ、デビッド・チャンがドライブした37号車ジャッキー・チェンDCレーシングがクラス2位、総合3位に浮上。同チームにとってはクラス1-2フィニッシュ、総合で2位と3位を獲得することになった。

 35号車シグナテック・アルピーヌがクラス3位に繰り上がり、トヨタ唯一の生き残りである8号車は総合で8位となる。

Jamie Klein