ここから本文です

21日にかけて太平洋側中心に大雨 四国は猛烈な雨に警戒

6/20(火) 16:51配信

ウェザーマップ

 西日本から東日本の太平洋側を中心に、21日にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる見込み。低地の浸水や土砂災害、河川の増水や氾濫に警戒が必要だ。

 東シナ海から日本の南にのびる梅雨前線が、21日夜にかけて西日本から東日本の太平洋沿岸まで北上する。このため、西日本から東日本の太平洋側を中心に、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、21日にかけて大気の状態が非常に不安定となり、局地的に雨雲が発達する見通し。

◆西日本太平洋側で猛烈な雨のおそれ

 九州南部・奄美では雷を伴い非常に激しい雨が降り、大雨となっている所がある。21日にかけて、西日本から東日本の太平洋側を中心に、雷を伴った1時間50ミリの非常に激しい雨が降り、四国の太平洋側では局地的には1時間80ミリの猛烈な雨の降る所がある見込み。

【雨の降り方に警戒・注意を要する時間帯】
九州南部 ~21日明け方にかけて
四国   20日夜遅く~21日昼前
近畿   21日明け方~昼前
東海地方 21日明け方~夕方
関東甲信 21日昼前~夜のはじめ頃

【予想雨量】あす21日夕方まで(多い所)
四国      300ミリ
近畿・東海   250ミリ
九州南部    180ミリ
奄美・関東甲信 150ミリ
九州北部    120ミリ

 低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水や氾濫に警戒が必要だ。また、発達した積乱雲のもとでは、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要だ。急に暗くなるなど激しい現象の前兆がある場合、早めに建物内に移動するなど安全確保に努めたい。

最終更新:6/20(火) 16:55
ウェザーマップ