ここから本文です

“世界一”の般若心経を奉納 書家の金澤翔子さん

6/20(火) 19:26配信

静岡放送(SBS)

 ダウン症の書家金澤翔子さんが浜松市の寺に世界一大きいという「般若心経」を奉納しました。
 書家の金澤翔子さん(32)は、10歳の時に初めて「般若心経」を書いたといいます。今回、浜松市の龍雲寺に奉納した作品は、縦4メートル、横16メートルもあります。30歳の時に1週間を掛けて書き上げた大作です。「無」が一番好きな字だという金澤さん。6月20日は檀家の人たちが「般若心経」を唱えながら作品を鑑賞しました。金澤さんの「般若心経」は10月26日から11月6日まで浜松市西区の龍雲寺で一般公開されます。

静岡放送(SBS)

最終更新:6/20(火) 19:26
静岡放送(SBS)