ここから本文です

連戦のワールドツアー 中国成都で開幕!中国選手トップから若手までエントリー【中国OP】

6/20(火) 19:56配信

テレビ東京スポーツ

 ジャパンOPを終えたばかりのチームジャパンは休む間もなく中国へ向かった。次なる戦いの舞台、四川省成都市で開かれるITTFワールドツアー「中国OP」(6月20~25日)に出場するためだ。同大会は世界王者・中国のお膝元で開かれること、ワールドツアーの中でも獲得ポイントが高い「プラチナ」に格付けされていることなどから、中国はいつもよりややエントリー数が多く、トップ選手から若手選手まで男女6人ずつが出場する。

卓球・中国女子「黄金世代」に見た選手層の厚さ

 日本も男子は張本智和(JOCエリートアカデミー)、女子は石川佳純(全農)、平野美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園)、伊藤美誠(スターツSC)ら世界卓球で活躍した面々を含む、計42人(男女各21人)の大所帯。なお、水谷隼(木下グループ)は出場を回避している。主な顔ぶれは下記の通り。

<大会エントリー日本人選手>
【男子シングルス】
丹羽 孝希(スヴェンソン)
松平 健太(木下グループ)
大島 祐哉(木下グループ)
村松 雄斗(東京アート)
張本 智和(JOCエリートアカデミー)
木造 勇人(愛工大名電高校)
神 巧也(シチズン時計)
森薗 政崇(明治大学)
松平 賢二(協和発酵キリン)
酒井 明日翔(明治大学)
田添 健汰(専修大学)
上田 仁(協和発酵キリン)
吉田 雅己(協和発酵キリン)
松山 祐季(愛知工業大学)
吉村 真晴(名古屋ダイハツ)
町 飛鳥(シチズン時計)
及川 瑞基(専修大学)
三部 航平(専修大学)
龍崎 東寅(明治大学)
田中 佑汰(愛工大名電高校)
吉村 和弘(愛知工業大学)

【女子シングルス】
石川 佳純(全農)
平野 美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園)
伊藤 美誠(スターツSC)
佐藤 瞳(ミキハウス)
早田 ひな(希望が丘高校)
橋本 帆乃香(ミキハウス)
浜本 由惟(日本生命)
加藤 美優(日本ペイントホールディングス)
皆川 優香(昇陽高校)
前田 美優(日本生命)
松澤 茉里奈(十六銀行)
森 さくら(日本生命)
安藤 みなみ(専修大)
鈴木 李茄(日立化成)
森薗 美咲(日立化成)
宋 恵佳(中国電力)
笹尾 明日香(横浜隼人高校)
塩見 真希(四天王寺高校)
木原 美悠(JOCエリートアカデミー)
芝田 沙季(ミキハウス)
加藤 杏華(十六銀行)

【男子ダブルス】
丹羽 孝希/大島 祐哉
張本 智和/木造 勇人
神 巧也/町 飛鳥
吉村 真晴/上田 仁

【女子ダブルス】
伊藤 美誠/早田 ひな
石川 佳純/浜本 由惟

<大会エントリー主な外国人選手>
【男子】
馬 龍(中国)
張 継科(中国)
許 キン(中国)
樊 振東(中国)
林 高遠(中国)
オフチャロフ(ドイツ)
コウ 鎮廷(香港)
ボル(ドイツ)
サムソノフ(ベラルーシ)

【女子】
丁 寧(中国)
劉 詩ブン(中国)
朱 雨玲(中国)
陳 夢(中国)
孫 穎莎(中国)
ハン・イン(ドイツ)
シャン・シャオナ(ドイツ)
チョン・ジヒ(韓国)

テレビ東京