ここから本文です

菊地亜美、親から言われた結婚相手の条件は「オスなら誰でもいい」

6/20(火) 12:00配信

AbemaTIMES

 『必殺!バカリズム地獄』の第11回が放送され、ゲストにタレントの菊地亜美と團遥香が登場。鬼ギレエピソードを語った。

 同番組はヤンキー鬼に扮したお笑い芸人・バカリズムが様々な職業の女性の鬼ギレエピソードを吟味。最も地獄に落とすべき人を決める1時間のレギュラー番組だ。

 一般人から鬼ギレエピソードとして「婚活をしないと人ではないという扱いを受ける」というコメントが寄せられると、菊地亜美もこれに同意。「今26歳で、結婚したいとかないのに、“でも結婚できない感じだよね”って言われる」とコメントしたが、改めて結婚願望がないかを問われると「今は結婚してお昼の生放送だけ出るパターンもいいなって思っている」と正直に告白。

一方で、お嬢様育ちで女子大を卒業している團遥香は「女子大の友達は『早く結婚したい』『いい人に出会いたい』っていう人が多くて必死」と説明。「いい人ができたって言う子がいると、『どこの大学を出て何している人?』って聞くんです」と話し、売れない芸人などは眼中にない女子大の友達が多いと打ち明けた。

 團自身は、女子大ならではの感覚に反感があり「私、結婚願望もないんですよ」としたうえで「誰も近づいてこない。“恐れ多い”って言われる」と悲しそうに語った。

 團の父親は、織田信長のような人を連れてこいと話しており、武士のようにどこでも生きられる野性的な人がいいとアドバイスをされているという。これに対し菊地は「私はオスなら誰でもいいって(親から)言われていますからね!」と話し、スタジオの笑いを誘った。

(AbemaTV/『必殺!バカリズム地獄』より)

最終更新:6/20(火) 12:00
AbemaTIMES