ここから本文です

東京湾の広い範囲で青潮発生

6/20(火) 13:39配信

ホウドウキョク

東京湾では19日朝から、広い範囲で青潮の発生が確認されている。長期間続くと、漁業に影響が出る可能性もあるという。
青潮は19日朝から、東京湾の千葉市から市川市にかけての広い範囲で確認されている。
青潮は、プランクトンが死滅することなどで、海中の酸素が少なくなって、水が青く見える現象。
千葉県は午前9時から、水質調査船を出して、青潮の範囲などを調査したが、これまでのところ、水産被害は確認されていないという。
3年前の夏、東京湾では、8日間続いた青潮のため、アサリおよそ4,000トンが死滅する被害があった。
今回の青潮は、梅雨の期間に起きていることもあり、県は長く続くことはないとみているが、引き続き注視していくという。

最終更新:6/20(火) 13:39
ホウドウキョク