ここから本文です

乳児からの習慣づけを 離乳食相談で初の減塩指導/富山

6/20(火) 21:51配信

チューリップテレビ

 1歳前後の子を持つ保護者を対象にした入善町の離乳食相談で、初めて減塩の指導が行われました。
 離乳食の段階から取り組むことで減塩の習慣づけを狙います。

 この取り組みは、住民の健康寿命を延ばそうと、入善町が今年度から始めた新プロジェクトの一つとして行われたものです。
 今回初めて食育教室のなかで塩分控えめの離乳食をテーマに取り上げ、管理栄養士が離乳食を試食しながら味付けのポイントを指導しました。
 中では、8歳までに子どもの味覚が決まることや、乳児は内蔵機能が未発達で塩分排出ができないことを踏まえ、離乳食の段階から減塩を意識することの大切さが説明されました。
 入善町では、高血圧による入院1件あたりの医療費が60万円あまりと県内4番目に高い水準です。
 入善町では、引き続き、1日あたりの塩分摂取をマイナス1グラム、野菜プラス1皿を具体的な目標として取り組むことにしています。

チューリップテレビ

Yahoo!ニュースからのお知らせ