ここから本文です

富山市議会自民党会派 不当な支出分を市に返還/富山

6/20(火) 21:52配信

チューリップテレビ

 富山市議会の政務活動費に101万円あまりの不当な支出があったとして富山市の監査委員会が返還を求めたことをうけて、自民党会派は、20日返還を済ませ、議長に報告しました。

 自民党会派が市に返還したのは、これで8回目。これで最後となるのでしょうか。
 富山市議会・自民党会派の村家会長は、20日、村上議長を訪れ、不当な支出と指摘された分を返還したことを報告し、訂正した2015年度分の収支報告書を手渡しました。
 これは、市民オンブズ富山の住民監査請求を受けた富山市の監査委員会が、自民党会派の所属議員6人分の10件101万円あまりについて、『運用指針に合致しない』と判断し、返還を求めたものです。
 自民党会派は、20日付けで、101万1939円と利息分の6万1685円を富山市に返還しました。
 自民党会派が不当とされた支出分を市に返還するのは、去年の9月以降、これで8回目です。
 政務活動費の不正は、これですべて出尽くしたのでしょうか。

 「今は(政務活動費の)運用指針もしっかりした方向に向いていますから」(村家会長)。

 「これ以外に(不当な支出は)ないのか」(記者質問)

 「私の今の立場上、今まで調査したこことや経緯を見てきた中では、これ以外にないと確信している」(村家会長)。

チューリップテレビ