ここから本文です

菊地亜美、おにぎりを素手で持ってきた新人マネージャーに鬼ギレ

6/20(火) 16:00配信

AbemaTIMES

 『必殺!バカリズム地獄』の第11回が放送され、ゲストにタレントの菊地亜美と團遥香が登場。鬼ギレエピソードを語った。

 同番組はヤンキー鬼に扮したお笑い芸人・バカリズムが、様々な職業の女性から寄せられた鬼ギレエピソードを吟味。最も地獄に落とすべき人を決める1時間のレギュラー番組だ。

團遥香「僕なんかとおしゃべりできるの奇跡ですよね」に困惑

 最近鬼ギレしたエピソードを問われると、お嬢様育ちの團遥香は「必要以上にお嬢様扱いされて困惑する」と説明。「スタッフからの過剰な気遣いがすごい」と話し、「ロケ弁を申し訳なさそうに渡したり、ロケが終わったあとも『車で迎えに来ていないんですか』って言われるのがちょっと……」と困惑していることを告白。

 さらに「僕なんかとおしゃべりできるの奇跡ですよねって言ってくる人がいて、キレたいけどキレられない」と胸の内を語った。これを受け、菊地亜美は「特別なんですよ、私はそんな扱いされたことがない」とコメント。「この収録の前に“白塗り”をする仕事だったんですけど『これ頼めるの菊地さんしかいないんで』って言われた」と話し、スタジオの笑いを誘った。

 同様に最近の鬼ギレエピソードについて聞かれた菊地は、自身の担当である新人マネージャーについてコメント。「移動先で新人のマネージャーさんに『楽屋で食べていたおにぎりを持ってきて』って頼んだら、おにぎりを手づかみで持ってきたんですよ」と話し、普通は素手ではなくティッシュなどに包むのではと主張。

 さらに、ドッキリを仕組まれたエピソードについても語り「『私のドッキリされたときのリアクションどうだった?』って聞いたら『移動中で見てなかったです』って言われて。『なんで私のリアクション見ていないんですか!それがあなたの仕事です!』ってブチギレしちゃいました」と話した。

(AbemaTV/『必殺!バカリズム地獄』より)

最終更新:6/20(火) 16:00
AbemaTIMES

Yahoo!ニュースからのお知らせ