ここから本文です

番狂わせ 19歳ルブレフがシードダウン演出<男子テニス>

6/20(火) 17:01配信

tennis365.net

ゲリー・ウェバー・オープン

男子テニスツアーのゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)は19日、シングルス1回戦が行われ、ワイルドカードで出場の19歳 A・ルブレフ(ロシア)が第8シードのA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)を6-7 (1-7), 7-5, 6-4の逆転で破る番狂わせを起こし、2回戦進出を果たした。

【錦織vsベルダスコ 1ポイント速報】

この試合、第1セットをタイブレークの末に落としたルブレフだったが、続く第2セットで2度のブレークに成功して取り返すとペースを掴み、ファイナルセットでは更にラモス=ヴィノラスを引き離して2時間37分で勝利を手にした。

2回戦では、I・カルロビッチ(クロアチア)と予選勝ち上がりのM・ユーズニー(ロシア)の勝者と対戦する。

19歳のルブレフは、現在世界ランク106位。2015年のバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、クレー、ATP500)で予選を突破し、当時17歳ながら本戦1回戦で元世界ランク7位のF・ベルダスコ(スペイン)をストレートで破る大金星をあげ、その名を世界へ轟かせた期待の若手選手。

今大会で勝ち進むと、準々決勝で第3シードの錦織圭と対戦の可能性がある組み合わせとなっている。

tennis365.net

最終更新:6/20(火) 17:01
tennis365.net

Yahoo!ニュースからのお知らせ