ここから本文です

街で直球質問! 「自分のこと“おじさん”だと思ってますか?」

6/20(火) 19:00配信

TOKYO FM+

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、様々な人々に声をかけ、1つのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーと共に考えるのはパーソナリティの堀内貴之。6月14日のテーマは「私はまだおじさんじゃない!」でした。

「おじさん」「おばさん」……言われたらあまり嬉しくないコトバ。アンチエイジングなど若いほうが良いという考えが浸透し、いつの日からか日本では、おばさんだけでなくおじさんという言葉も考えながら発さなければいけない雰囲気になってきました。そんなにおじさんになることってダメなの? おじさんにならないための努力って? そんな疑問を、街にいた40代以上の「イケてる男性」に聞いてみました。


まず最初に、「おじさん」で構わないと受け入れている男性の声。

◆中目黒で出会った42歳の男性
あまり自分では意識はしていないし考えた事も無いです。今42歳ですね、まぁ同い年くらいの人はおじさん、おばさん言い合ってますけど(笑)。まぁ年齢的にはおじさんですよね。

(おじさんになったと感じる事は?)
今は酒呑んでても長く呑まなくなりましたね。なかなか回数も減ってきますよね(笑)。

(今、おじさんとお兄さんの比率は何:何ですか?)
五分五分ですね(笑)。まだどっちとも言えない。

(これから先目標とするおじさんの位置ありますか?)
目標はマイク眞木さんですね! アクティブなカッコイイ大人になっていきたいですね!!

◆蒲田で出会った46歳の男性
(自分のこと、おじさんだと思ってますか?)
はい!

(自覚が出たのは?)
40代くらいですかね。動けなくなった。ジムとかで、エアロビが出来なくなった。前より動けなくなりましたね。

(それでもおじさんっぽくならないように意識してるところは?)
臭くない! やっぱり、シュッシュシュッシュ!

(香水? してるんですね)
会社とか、妻に言われたものをつけてるだけですから。

(エアロビも健康に気を使って?)
脂肪? 気になりますね。

そしていよいよ「私はまだおじさんじゃない!」という声。

◆有楽町で出会った57歳の男性
おじさんと呼ばれることはあんまりないんですよ(笑)。

(おじさんにならないように気をつけてる部分は?)
自分の年齢を意識しないでいることが自分のささやかな抵抗なのかもしれないですね。 若者達がやってることを若者と一緒にやりたいと。アイドルを追いかけるんだったらアイドルを追いかけて。気持ちの上でね、そうやって追いかけるというのがささやかな抵抗ですかね(笑)。

(では、おじさんって何なんでしょうか?)
疲れてるか疲れてないかですよ。夢を持ってるか持ってないか、 何かを追いかけて行く情熱があるかないか。 諦めてるか諦めてないか。そういったところなのかもしれないですね。

(ご自身は「まだおじさんじゃない!」と、思われますか?)
おじさんにはなりたくないと思いますね。一番なりたくないのは外見なんですけど、 外見だけは抗いきれないので、化粧でも覚えようかなと。ははははは! そりゃだめか(笑)。

◆代官山で出会った56歳の男性
自分自身では、おじさんってあまり思ったことないんですけど、会社で「アベック」って言葉を使った時に、「……え? 今それ使わないよね~カップルじゃない?」って言われておじさんなのかなと思いました。昔からけっこう若いね!って言われてきたんですけど、趣味のロードバイク、走っていても若い人になかなか追いつけないです(笑)。でもEnjoyできればいいかなって!

(ご自身の中での年齢はどのくらいですか?)
40代くらいかな~。

(努力しているような部分ってあるんですか?)
努力している部分はメタボにならないこと! お腹が出ないように今、流行のプランク(体幹トレーニング)をしています。腕立て伏せの状態で肘をつけてキープするのを、毎日1分くらいやっています。

(いくつ位からおじさんでしょう?)
四捨五入して40以上かな(笑)。でも、だんだん日本全体がそうかもしれないけど自分達が10~20代で見ていた時のおじさんと 今の40~50代を比べると、若々しくなってきている気がしますね! 60代でもカッコイイ人、オシャレな人もいますし!

◆蒲田で出会った43歳の男性
(おじさんという自覚はありますか?)
ないですね! だってこの格好見てください!

(若いです! 子どもの頃は40代のことおじさんだと思ってました?)
思ってましたね。

(それでも自分はおじさんでは……)
ない! できるだけ、日々体型と着るものを考えて少しでもそう見られないように頑張っています。

(お腹とかも出てないです!)
頑張ってます。筋トレです!

(おじさんっぽくなっちゃう瞬間は?)
白髪だけですね。

(どうしてそんなにおじさんになりたくないんですか?)
なんでですかね! でもやっぱり見た目若いに越したこと無いんじゃないかなって。

(若くあることで得してることは?)
なんだろう。今のところ見つけてないですね……一緒に付き合ってる人間が同年齢だから同年齢の人たちと遊んでることによって、 若干の優越感を持てるってことくらいですかね。

(何歳までおじさんと認めませんか?)
40代であるうちは、認めたくないですね。

◆丸の内で出会った59歳の男性
やっぱり常にスポーツ。休みの日はゴルフとかエンジョイしながら。パンツとかウエアを気にするタイプなので自分ですべて選ぶ。この丸の内のストリートが好きなので。よく買い物に来ます。よく行くのは銀座のバーニーズニューヨーク。トゥモローランドにはよく買い物に行きますね。今日履いてるパンツも結構ストレッチ効くんで。

(ここはおじさんぽくない!と思われてるとことかありますか?)
そうですね。やっぱり体型かもしれないですね。20代の頃から比べると体力的には衰えていますけど。夜のストレッチは欠かさずやってます(笑)。「おじさん」て何なんでしょうね(笑)。常に前向きに何かに取り組めなくなってる人がおじさんっていうか。40代、30代でも興味がなくなってくるとだんだんだんだん体力もそうですし、気力もそうですし、仕事もそうですし。だんだんおじさんになってくるんじゃないかなっていう。

(ちなみに来年、還暦でいらっしゃる?)
そうですね、赤いちゃんちゃんことかじゃなく、ファミリーで美味しいもの食べてお祝いしようよ!という感覚だと思います。

(素敵ですね。これからのご自身の生き方は?)
オリンピックもありますし、その時代時代の最先端の景色を見ながら残りの人生を自分も成長していきたいなと思ってます。

【白熱した「おじさんが語るおじさん論」!】

堀内貴之は「年齢じゃないところで人と付き合ったり、年齢じゃないところで趣味を楽しんだりしている人はやっぱり若いですよね。年齢って、自分で“オレはこのくらい”って決めてもいいくらい、その人によって違うものだと思うんです。でも僕はどちらかというとおじさんになることに拒否反応はないなぁ。街にとっての“いいおじさん”になりたいという気持ちが強いですね」とコメント。

おじさんにならないための努力は「オシャレ」「体型づくり」「疲れた顔せず色々なことを楽しむ」この3つが多かったよう。ですがメールやTwitterでは「おじさんになることの何がいけないのかわからない」といった意見も。「おじさん」という言葉を否定的にとるか、好意的にとるかはその人次第という一面も感じました。

(TOKYO FM「シンクロのシティ」2017年6月14日放送より)

最終更新:6/20(火) 19:19
TOKYO FM+

Yahoo!ニュースからのお知らせ