ここから本文です

ケツメイシ、ファンモン風CDジャケットに“因縁”のアンタ柴田を起用

6/20(火) 18:00配信

BuzzFeed Japan

ん、ん…えっ、マジか。ケツメイシ34枚目のシングル「はじまりの予感」(7月19日発売)のジャケットが6月20日に発表されたが、驚きの写真が使われている。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

ジャケットを一目見れば音楽好きと八王子市民ならだれもがわかる。明らかに「FUNKY MONKEY BABYS」(ファンモン)のジャケットを真似ているのだ。

ファンモンはデビューシングルのジャケットに東国原英夫元宮崎県知事を起用して以降、“顔ジャケ”が定番となっていた。当時楽天に所属していた田中将大投手や明石家さんま、船越英一郎、北乃きいなどの有名人をジャケットに起用している。

しかも、今回のケツメイシのジャケットで起用されているのは「アンタッチャブル」柴田英嗣だ。

柴田はもともと大のケツメイシファンで、ケツメイシのDVD特典にも登場するほど。関係者によれば、メンバーと交流もあるという。またケツメイシも2011年にファンモンとのコラボ曲「ライジングサン」を発表している。

しかし柴田とファンモンの因縁は特別だ。

柴田とファンモンのボーカルで、現在はソロ歌手のファンキー加藤ももともとは友人同士。ただ、2016年6月に加藤と柴田の妻(現在は離婚)との不倫していた過去が発覚。加藤は会見を開き、不倫を認めるとともに柴田に謝罪している。

その柴田をファンモン風ジャケットにあえて起用したのなら、皮肉がきいているが...。

エイベックスは発表で、ファンモンについては言及しておらず「正面からアップで撮影した顔写真は、いろんな意味でインパクトのあるジャケットとなっている」としている。

最終更新:6/20(火) 18:00
BuzzFeed Japan