ここから本文です

お嬢様育ち・團遥香、店員にスマホ画面を割られても鬼ギレせず 菊地亜美「私なら絶対にキレる」

6/20(火) 17:00配信

AbemaTIMES

 『必殺!バカリズム地獄』の第11回が放送され、ゲストにタレントの菊地亜美と團遥香が登場し、鬼ギレエピソードを語った。

 同番組はヤンキー鬼に扮したお笑い芸人・バカリズムが、様々な職業の女性から寄せられた鬼ギレエピソードを吟味。最も地獄に落とすべき人を決める1時間のレギュラー番組だ。

 祖父は有名な作曲家の團伊玖磨、父は建築家の團紀彦であり、港区で生まれ育ったお嬢様である團遥香。日頃からキレることはあるのかを聞かれると「キレたことは1回もない」と回答。「こういうことがあったって話すと、“それってキレたほうがよくない?”って言われたことがある」と話した。

 最近起こったキレるべきエピソードとして、スマホの画面が割れ、修理に出したときの出来事を紹介。「修理に出して4時間待っていたんですけど、店員さんが割っちゃって、もっと割れた状態で返ってきて、インカメラが使えなくなったんです。バックアップをとっていなかったので後日ってなったんですけど、お母さんに話したらキレたほうがいいと言われて……」と話し、キレ方が分からないと困った表情を浮かべた。これを聞いた菊地亜美は「私なら絶対にキレる」と主張。團は「どうやって言うの?」と困惑した様子で話した。

菊地亜美、一般人の声のかけ方にイラッ

 一方でキレることがあるという菊地亜美は、一般人であるファンの声のかけ方に腹が立つことがあるという。友人とUSJに遊びに行ったときの出来事を紹介し「1時間待ちで列に並んでいるときに、上のほうから”変顔して”って言われて。最初は笑っていたんですけどイライラして『本当にそういうのやめて!』って叫びました」と話し、プライベートで変顔をリクエストされることにも腹が立つとコメントした。

(AbemaTV/『必殺!バカリズム地獄』より)

最終更新:6/20(火) 17:00
AbemaTIMES

Yahoo!ニュースからのお知らせ