ここから本文です

『あなそれ』鈴木伸之インタビュー「涼太のワインのシーンには笑いました」

6/20(火) 17:24配信

AbemaTIMES

 TBS系にて、放送中の連続ドラマ『あなたのことはそれほど』は、いくえみ綾の少女漫画を原作としたW不倫を描いたザワキュンラブストーリー。本作で、「2番目に好きな人」と結婚したヒロイン・渡辺美都(波瑠)が思い続けている中学の同級生・有島光軌を演じるのが俳優の鈴木伸之だ。

 劇中では、既婚者子持ちでありながら悪びれる様子もなく不倫をするという最低な役を演じていながらも「最低なのにかっこいい」と視聴者を釘付けにしている鈴木。彼の本作への思い、そして“有島くん“を通して見えてきた恋愛観について語ってもらった。

■最近は「仲さんが夢に出てきます」

ーー鈴木さん演じる有島光軌は、全く悪びれる様子もなく渡辺美都(波瑠)と不倫をするです。周りからの反響はいかがですか?

鈴木:「有島くん、クズだね」という声が多いです(笑)。ドラマに対しても、「本当に救いようのないドラマだね」と。でも、続きが気になるという声もたくさんいただくので、みなさんの週に1度の楽しみになっているようで嬉しいです。

ーーオファーを受けたとき、不倫をする役ということに抵抗はありませんでしたか?

鈴木:ありました。不倫はもちろん、結婚していたり、子供がいる役も初めてだったので、どうなっていくのかなと考えたり。だけど、有島がどんな人物かがわかりやすい設定を作ってくださっていただいたおかげで、すんなりと役に入っていくことができました。

ーーご自身では、有島のことをどう思われますか?

鈴木:有島がやっていることは、ある種、男の夢だとは思うんですけど、やってはいけないことだから普通はどこかで自制したり、狭間で揺れるもの。そこを有島はあっさりとやってしまうんです。今回、描かれているのがたまたま美都なだけで、他の女性に対してもそうなんだろうなと匂わせるシーンが、今までもたくさんあって…僕自身はそういう男性は好きじゃないですね。個人的には、有島みたいな男には天罰がくだってほしいと思います(笑)。

ーー最近は、麗華(仲里依紗)に問い詰められるシーンも多くなってきていますね。

鈴木:ああいったシーンのときは、演じながら恐怖を感じています。最近、仲さんが夢に出てくるんです。問い詰められて、あの蟹の悪夢のようにうなされながら、目が覚めたりすることもあって(笑)。

ーーそれは怖いですね(笑)。蟹の悪夢も衝撃的でした。

鈴木:あのシーンは本当に匂いがすごかったです。次のシーンを撮っているときまで蟹の匂いが消えなかった…。でも、インパクトのあるシーンに仕上がって面白かったという声もいただいたので、嬉しかったです。

1/2ページ

最終更新:6/20(火) 17:24
AbemaTIMES