ここから本文です

トピー工業 車用スチールホイール事業、インド市場進出

6/20(火) 11:43配信

日刊産業新聞

 トピー工業は19日、インドのホイールズ・インディア(本社=タミル・ナドゥ州チェンナイ、スリバッツ・ラム社長、WIL)と合弁会社を設立し、乗用車用スチールホイールの製造・販売事業を行うことで合意したと発表した。WILはインド国内4工場のうち、ハリヤナ州バワール工場とタミル・ナドゥ州パディ工場の乗用車用スチールホイール事業を分離し、新会社「WIL・カー・ホイールズ」を2017年9月に設立し、この新会社の株式をWILが74%、トピー工業が26%取得する。トピー工業の新会社への投資金額は8億4300万ルピー(約15億円)。トピー工業はこれまでWILと技術提携を実施してきたが、WILの生産設備を活用するなど投資金額を抑制しながら、スチールホイール事業でインド市場に進出することになる。

最終更新:6/20(火) 11:43
日刊産業新聞