ここから本文です

米海軍のイージス艦とコンテナ船が衝突した事故 原因究明

6/20(火) 21:00配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

静岡県沖で6月17日未明に、アメリカ海軍のイージス駆逐艦とコンテナ船が衝突した事故で、コンテナ船の船首の下の部分に突き出た球状の部分が、水面下でイージス艦に穴を開けた可能性があることがわかった。
今回の事故では、行方不明となっていたイージス駆逐艦の乗組員7人全員の遺体が、浸水した艦内から見つかったことがわかっている。
関係者によると、コンテナ船の船首下部に突き出た球状の部分が、水面下でイージス駆逐艦の居住エリア近くに穴を開け、大量の水が入った可能性があるという。
この球状の部分は水面下にあり、波の衝撃に耐えられるように、船体で最も強度がある部位の1つだという。
海上保安庁は、2隻の位置関係などを調べ、どちらに回避義務があったかなどをくわしく調べる方針。

最終更新:6/20(火) 21:00
ホウドウキョク