ここから本文です

盗撮発覚後、再び盗撮か…容疑の教諭を再逮捕 校長は報告せず/県警

6/20(火) 22:18配信

埼玉新聞

 勤務先の公立中学校で女子生徒の着替えを盗撮したとして、埼玉県西部の中学校教諭が逮捕された事件で、教諭が勤める中学校の50代男性校長が、昨年5月に盗撮の事実を把握しながら地元自治体の教育委員会に報告していなかったことが20日、同教委への取材で分かった。県警少年捜査課は同日、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、入間市久保稲荷1丁目、中学校教諭(45)を再逮捕した。県警は、教諭が昨年5月にデジタルビデオカメラを校長に没収された後、今年1月に別のカメラで再び盗撮を始めたとみて調べている。

 再逮捕容疑は今年1月上旬と2月中旬ごろ、更衣室として使われていた教室で、10代の女子生徒が18歳に満たない児童と知りながら、着替えをひそかにデジタルビデオカメラで撮影し、児童ポルノを製造した疑い。「女子生徒の裸が見たかった。自分の性欲を発散させるために撮影した」と容疑を認めているという。

 県警は5月31日、2015年4月~昨年5月の間、更衣室となっていた教室にカメラを設置し、別の女子生徒の着替えを盗撮したとして、教諭を逮捕。自宅などを捜索し、カメラや記録媒体を押収して、余罪を捜査していた。

 同課によると、教諭は昨年5月、盗撮行為を知った校長にカメラを没収されたが、今年1月から再び犯行に及んでいた。他にも複数人の女子生徒が被害に遭ったとみられる。

 県教育局と地元教委によると、校長は昨年5月に、教諭の盗撮行為を把握しながら、今年5月に匿名の投書で教委が調査を始めるまで約1年間、事実関係を報告していなかった。校長は盗撮発覚後も、教諭に3年生のクラス担任と学年主任を任せていた。適切に報告されていれば、新たな被害は防げたとみられ、県教育局などが処分を検討している。校長は現在、休んでいるという。

 地元教委は「多大な迷惑とご心配を掛けて心からおわび申し上げたい。全教職員の服務規律の徹底を図り、綱紀粛正と再発防止に取り組みたい」としている。

最終更新:6/21(水) 1:14
埼玉新聞