ここから本文です

菊地亜美、同じ“ゆとり世代”の悩みに喝「ちゃんとしていれば…」

6/20(火) 19:00配信

AbemaTIMES

 『必殺!バカリズム地獄』の第11回が放送され、ゲストにタレントの菊地亜美と團遥香が登場。鬼ギレエピソードを語った。

 同番組はヤンキー鬼に扮したお笑い芸人・バカリズムが様々な職業の女性の鬼ギレエピソードを吟味。最も地獄に落とすべき人を決める1時間のレギュラー番組だ。

 一般人から鬼ギレエピソードとして「先輩からお客さんの前でゆとり世代をバカにされる」といった美容師アシスタントの出来事が紹介されると、同じくゆとり世代である菊地亜美は「ちゃんとしていれば『ゆとり世代なのにちゃんとしてるね』って言われる」と主張。

 さらに菊地は「SNSで何か質問ありませんかって聞くと、今の会社に入って3カ月だけど厳しくて辞めたいって相談を受ける」と話した。これに対し、同じくゆとり世代である團遥香は「けっこうすぐに仕事を辞めたがる人がいる。マイペースなだけでもゆとり世代って言われる」と共感。菊地は「『深田恭子さんみたいな女優になりたいけどどうすればいいですか?』っていう質問も来て。『なんで参考にならない私に言うの?』って……。自分で考えない人がいる」と話した。

(AbemaTV/『必殺!バカリズム地獄』より)

最終更新:6/20(火) 19:00
AbemaTIMES