ここから本文です

ブラジルのカード市場、約6%拡大 デビットの伸び勝る

6/20(火) 4:43配信

サンパウロ新聞

 ブラジルのカード市場の規模は2017年第1四半期(1~3月)に前年同期比で5.9%拡大、2850億レアル(約9兆9750億円)に達した。7日付伯メディアによると、ブラジル・クレジットカード・サービス会社協会(Abecs)のフェルナンド・チャコン会長はこの伸びについて「我々の経済が与えたカード利用の増加をはるかに上回る成長を示した」と評価している。
 チャコン氏によれば、今年第1四半期のカード決済額の内訳はデビットカードが1120億レアルで、クレジットカードがそれよりも大きい1730億レアルだった。ただし、16年第1四半期に対する伸びはそれぞれ7.6%、4.8%と、デビットカードの方が大きかった。同氏は「15年第3四半期以降はデビットカードの伸びの方が大きい」としている。
 ブラジルのカード市場の17年の年間成長率についてチャコン氏は、16年に対して7%前後の伸びになるとし、「我々は二けたの成長が可能だと信じるに至ったが、今年第2四半期のパフォーマンスはもうすでに非常に良いものでなくなっている」と説明した。また、18年については、現在の状況がその予測を不可能にしていると述べた。

最終更新:6/20(火) 4:43
サンパウロ新聞