ここから本文です

将棋・加藤一二三九段、約63年の現役生活に幕 初の中学生棋士など数々の偉業

6/20(火) 20:11配信

AbemaTIMES

 将棋のプロ棋士、加藤一二三九段が6月21日、第30期竜王戦の6組昇級者決定戦の1回戦で高野智史四段(23)に敗れ、現役引退となった。今年1月、名人戦・順位戦C級2組から降級したことで、規定によりすべての対局が終了した時点での引退が決まっていた。

 加藤九段は、棋士養成機関にあたる奨励会在籍時、1954年に当時としては史上最年少の14歳7カ月で四段に昇段。将棋界初の中学生棋士となった。その後、名人戦・順位戦では4期連続で昇級し、若干18歳にして最高クラスのA級に到達。「神武以来(じんむこのかた)の天才」の異名を取った。タイトルは実力制では6代目の名人となったほか、十段3期、棋王2期など通算8期獲得した。このほか歴代3位の通産勝利数(1324勝)、最高齢勝利(77歳0カ月)など、77歳にして衰えぬ将棋への意欲を見せ続けた。得意の戦法「加藤棒銀」は、代名詞にもなっていた。

 近年では、将棋の対局以外にも「ひふみん」の愛称で親しまれ、テレビ番組などに多数出演。歌を披露することもあった。

 ◆加藤一二三九段 主な記録一覧

 最高齢対局 1位(77歳5カ月) 2位は丸田祐三九段の76歳11カ月
 最高齢勝利 1位(77歳0カ月) 2位は丸田祐三九段の76歳11カ月
 通算対局数 1位(2505局) 2位は谷川浩二九段の2084局 ※2017年6月20日現在
 通算勝利数 3位(1324勝) 1位は大山十五世名人の1433勝
 プロデビュー 2位(14歳7カ月) 1位は藤井聡太四段の14歳2カ月

最終更新:6/20(火) 20:17
AbemaTIMES