ここから本文です

福岡の74歳女性運転の車、中央分離帯越え衝突 3人死傷

6/20(火) 23:20配信

AbemaTIMES

 福岡・筑紫野市の国道3号で6月19日の午前6時15分ごろ、74歳女性が運転する乗用車が中央分離帯を乗り越え、反対車線を走っていた軽乗用車と正面衝突。さらに、軽乗用車の後ろを走っていたトラックがこの2台に突っ込んだ。

 この事故で、3人が病院へ搬送されたが、軽乗用車を運転していた40代とみられる男性が死亡した。また、普通乗用車の女性が重症、トラックの66歳男性が軽傷を負った。警察は乗用車を運転していた女性がハンドル操作を誤った可能性があるとみて調べている。

 また、長野・諏訪市の市道では19日午前11時過ぎに車2台が絡む事故があり、軽トラックがタイヤショップに突っ込んだほか、軽乗用車が道路の中央で横転した。

 この事故で、生後9カ月の女の子と母親、80代男性の3人が病院に搬送されたがいずれも軽傷。近くにいた人によると、車同士が衝突する音はしなかったという。事故当時、タイヤショップに客はおらず店員にもけがはなかった。警察は事故の経緯を調べている。

(AbemaTV/原宿アベニューより)

最終更新:6/20(火) 23:20
AbemaTIMES