ここから本文です

ロシア シリア上空衝突回避措置停止

6/20(火) 10:43配信

ホウドウキョク

シリア情勢をめぐる緊張が、再び高まっている。
アメリカ軍が主導する有志連合が、シリア軍機を撃墜したことを受け、ロシア国防省は19日、アメリカとの間で結んでいるシリア上空での衝突回避措置を、一時的に停止すると発表した。
アメリカ軍が「自衛措置」としているのに対し、ロシア側は、撃墜されたシリア軍機は過激派組織「イスラム国」に対する作戦を行っていた部隊の支援をしていたとし、撃墜はシリアの主権を侵害するもので、重大な国際法違反だと批判している。
米ロどちらも、目的は打倒「イスラム国」としているが、シリア情勢をめぐる緊張が再び高まっている。

画像つきで記事をみる

最終更新:6/20(火) 10:43
ホウドウキョク