ここから本文です

隣人「今まで不愉快な思いしたことはない」

6/20(火) 13:47配信

ホウドウキョク

イギリス・ロンドンのモスクの近くで、車がイスラム教徒らに突っ込んだテロ事件で、逮捕された容疑者について、隣人のイスラム教徒の女性は、「不愉快な思いをしたことはなかった」と話した。
現地警察は、殺人未遂の疑いで逮捕した47歳の男に「テロ容疑」を加えたと発表し、現地メディアは、この男について、ダレン・オズボーン容疑者だと伝えている。
現場での目撃情報などから、容疑者がイスラム教徒を意図的に狙ったとの見方が出ているが、容疑者宅の隣に住むイスラム教徒の女性は、「彼は4月から隣に住んでいるが、今まで不愉快なことはなかった。イスラム教徒を憎んでいるようには、見えなかった」と話している。
親族はさらに、「容疑者は人種差別主義者ではなかった」としている。
オズボーン容疑者の母親は「息子を擁護するつもりはない。だが、とてもショックを受けている」と話した。
犯行の動機は、まだ明らかになっておらず、警察が捜査を続けている。

画像つきで記事をみる

最終更新:6/20(火) 13:47
ホウドウキョク