ここから本文です

北朝鮮拘束の米学生が死亡

6/20(火) 15:34配信

ホウドウキョク

北朝鮮で「敵対行為」を行ったとして拘束され、先週、昏睡(こんすい)状態のまま解放されたアメリカ人の大学生が19日、死亡した。
死亡したのは、アメリカ人大学生のオットー・ワームビアさん。
2016年1月、北朝鮮で拘束されたワームビアさんは、6月13日、昏睡状態に陥ったまま解放され、脳に障害を受けているとして、オハイオ州の病院で治療を受けていた。
家族は、「北朝鮮から受けた拷問のような扱いによって、このような悲しい結末となった」との声明を発表し、トランプ大統領もあらためて、「北朝鮮は残虐だ」と批判した。
トランプ大統領は「(ワームビアさんは)1年半、北朝鮮にいた。そこで、たくさん悪いことが起きた。彼は、先ほど亡くなった。(北朝鮮は)残虐だ」と述べた。
北朝鮮では現在、3人のアメリカ人が拘束されたままで、アメリカ政府は引き続き、解放を求める方針。

画像つきで記事をみる

最終更新:6/20(火) 15:34
ホウドウキョク