ここから本文です

家宅捜索で籠池氏「強烈な違和感」

6/20(火) 15:37配信

ホウドウキョク

学校法人「森友学園」が、補助金を不正に受給した問題で、家宅捜索を受けた籠池前理事長が、国策捜査であると批判した。
20日午前8時すぎ、自宅に報道陣を招き入れた、森友学園の籠池泰典前理事長(64)は、「(家宅捜索が)安倍首相の記者会見直後という捜査手法には、強烈な違和感を覚える」と話し、大阪地方検察庁特捜部の捜査を批判した。
籠池前理事長は、小学校の建設をめぐり、国の補助金およそ5,600万円を不正に受け取った疑いや、運営する幼稚園で、大阪府の補助金およそ6,200万円を不正に受け取った疑いが持たれている。
特捜部は19日夜、詐欺と補助金適正化法違反の疑いで、強制捜査に乗り出し、捜索は11時間に及んだ。
籠池前理事長は「(逮捕される覚悟は?)国策である以上、逮捕されるだろうという認識はしている」と話した。
特捜部は今後、押収した資料の分析を進め、詰めの捜査を行うものとみられる。

画像つきで記事をみる

関西テレビ/FNN

最終更新:6/20(火) 15:37
ホウドウキョク