ここから本文です

豊洲市場に移転し、築地再開発へ

6/20(火) 22:22配信

ホウドウキョク

東京都の小池知事は、市場の移転問題をめぐり、豊洲に移したうえで築地を再開発するという基本方針を発表した。
小池都知事は「長い間育まれてきた築地ブランド、応急手当ではなく、しっかりした手を打っていくべきではないかと考えるところであります」、「豊洲、そして築地を両立させることが、最も賢い使い道ではないか」と述べた。
20日の会見で小池知事は、中央卸売市場を豊洲に移転したうえで、築地については、5年後をめどに再開発する方針を示した。
豊洲市場については、冷凍冷蔵・加工等の機能を強化し、ITを活用した総合物流拠点とする構想を明らかにしたが、具体案は、情報公開をしながら検討すると述べるにとどまっている。
また、築地については、2020年オリンピック・パラリンピックの際には、大会用の輸送拠点として活用、大会後は「食のテーマパーク」として一大拠点とする、としている。
ただ、再開発後の築地に戻るかについては、「基本的に業者の判断」とした。

画像つきで記事をみる

最終更新:6/20(火) 22:22
ホウドウキョク