ここから本文です

日経平均終値、今年最高値を更新…2週間ぶり

6/20(火) 22:28配信

読売新聞

 20日の東京株式市場で、日経平均株価(225種)の終値は、前日比162円66銭高の2万230円41銭で、2015年8月以来、1年10か月ぶりの高値だった。

 東京証券取引所1部の時価総額の合計は595兆円に膨らみ、1年10か月ぶりに600兆円の大台に迫った。欧米市場での株高を好感し、投資家が運用リスクをとる姿勢を強めている。

 日経平均の値上がりは3営業日連続で、前日終値からの上げ幅は一時、250円を超えた。終値は約2週間ぶりに今年の最高値を更新した。

 前日のニューヨーク市場でダウ平均株価(30種)が最高値を更新した流れを継いだ。円安傾向を受け、収益の改善が期待される自動車など輸出関連株を中心に幅広い銘柄が買われた。

最終更新:6/21(水) 9:01
読売新聞