ここから本文です

沖縄と400年の交流 京都・檀王法林寺でピースフルコンサート

6/20(火) 9:25配信

沖縄タイムス

 沖縄と400年を超える交流を持つ京都市左京区の檀王法林寺で11日、「第10回ピースフルコンサート」が開かれた。同コンサートは毎年、6月23日の慰霊の日近くに開かれ、ことしは沖縄県立芸術大学琉球芸能専攻OBが招かれた。

 梅雨空の中、地域住民や親子連れ約150人が詰め掛け、本堂を埋め尽くした。コンサートの第1部では沖縄戦記録映画「戦場(いくさば)ぬ童(わらび)」があり、信ヶ原雅文住職が「命の尊さ、平和の大切を語り継ぎ、今も苦しんでいる沖縄の人々へ思いを寄せてください」と訴えた。

 2部、3部では「だん王エイサー袋中会」「だん王シブサン会」によるエイサー踊りや三線、島唄が披露され会場から温かい拍手が送られた。

 最後に県立芸術大学琉球芸能専攻OBによる琉球舞踊地謡、三線ライブ演奏があり、「とうがにあやぐ」や「かぎやで風」など、琉球古典音楽や舞踊10演目で盛り上がった。

 沖縄タイムスも平和学習の一環として、「タイムスワラビー沖縄戦を学ぼう特別版」を来場者全員に配布した。(森田直通信員)

最終更新:6/20(火) 9:25
沖縄タイムス