ここから本文です

「現在のハイブリッド技術は、24時間ではまだ難しいのかも」と豊田章男社長

6/20(火) 15:36配信

オートスポーツweb

 6月17~18日に開催された第85回ル・マン24時間耐久レースで、総合優勝を争うLMP1クラスのマシンに複数のトラブルが発生したことを受け、トヨタ自動車の豊田章男社長は、ハイブリッド技術でル・マン24時間を走りきるのは「まだ難しいのかもしれない」と述べた。

【画像】優勝した2号車ポルシェもレース序盤にトラブルが発生。1時間以上の修復作業が行なわれた。

 2017年のル・マン、トヨタは投入した3台すべてのトヨタTS050ハイブリッドがトラブルに見舞われた。ポールポジションからスタートし、トップのまま順調に走行を重ねていた7号車トヨタは、クラッチのトラブルでストップ。8号車トヨタはフロントMGUのトラブルで、修理のため2時間近くをピットで過ごすこととなった。

 8号車トヨタはその後レースを完走したが、総合順位は9位(※上位車両の失格により、最終順位は総合8位)。ラップ数はトップより9周少なかった。また、ポルシェ勢は総合優勝を飾った2号車ポルシェ919ハイブリッドが、8号車トヨタと類似するフロントアクスルの問題で1時間以上をピットで修理に費やしていたほか、後半戦のレースをリードした1号車ポルシェは油圧のトラブルでリタイアを喫している。

 ル・マンでハイブリッドシステムが使われるようになったのは、2012年のWEC世界耐久選手権に、アウディが『R18 eトロン・クワトロ』を投入してからのことで、それ以降、ル・マンの優勝マシンはすべてハイブリッドパワーを使用している。

 しかし2017年のレース後、豊田氏はレース中に起きた多数のトラブルを受け、24時間の耐久レース全走行距離に対するハイブリッド技術の適合性に疑問を投げかけた。

「今回、ポルシェも、我々トヨタもル・マンに挑んだハイブリッドカーは24時間を無事に走り切れませんでした」と豊田氏。
 
「完走した8号車トヨタ、優勝した2号車ポルシェでさえもトラブルにより時間のかかる修理を余儀なくされて、ようやく辿りついたゴールでした」

「WECを通じて高めてきたハイブリッド技術は、6時間レースでは、その能力を発揮しきれても、ル・マン24時間では、まだまだ歯がたたないということかもしれません」

 しかし豊田氏は、トヨタは市販車プロジェクトに関連を持つ開発の一環として、ル・マンとWECを“貴重な実験場として”ハイブリッドプログラムを粘り強く続けていくと語った。

「電気の力は、クルマがもっとエモーショナルな存在になるために絶対に必要な技術です。ル・マンは、その技術に挑戦し続け、極限の環境で試すことの出来る貴重な実験場なのです」

「もっともっと技術に磨きをかけ、熟成させ、お客様に本当に笑顔になっていただける技術を……そしてもっといいクルマづくりを続けるために、我々は努力を重ねていきます」

[オートスポーツweb ]

Yahoo!ニュースからのお知らせ