ここから本文です

ローマ、サラーの代役にU-21イタリア代表ベラルディを獲得?

6/20(火) 18:43配信

SOCCER KING

 ローマが、リヴァプールに移籍することが決定的となったエジプト代表FWモハメド・サラーの後釜に、サッスオーロからU-21イタリア代表FWドメニコ・ベラルディの獲得に動くこととなるようだ。イタリアメディア『Sky』が19日に報じている。

 20日中にもサラーはリヴァプール入りし、メディカルチェックを行う見通しとなっており、移籍発表は時間の問題となっている。ローマはそのサラーの代役として、ベラルディの獲得を目指す姿勢だ。

 ただし、サッスオーロは移籍金に5000万ユーロ(約62億円)を要求。サラーの移籍金4000万ユーロ(約49億6000万円)を上回る額で、ローマはトレード要員を移籍オペレーションに加えて、取引を決着させたい構えのようだ。

 現在行われているU-21欧州選手権にも参加しているベラルディは1994年生まれの22歳。今シーズンはけがの影響もあってリーグ戦21試合の出場で5得点に終わったが、13-14シーズン、14-15シーズンには2桁得点も記録している。また13-14シーズンには日本代表MF本田圭佑のミランデビュー戦で4得点の大暴れ、14-15シーズンにはまたしてもミラン戦でハットトリックを決めるなど、“ミランキラー”と呼ばれることもあった。

SOCCER KING

最終更新:6/20(火) 18:43
SOCCER KING