ここから本文です

復帰させたい…バルサ、ラフィーニャ+移籍金でアーセナルの若手SB獲得へ

6/20(火) 9:18配信

ゲキサカ

 バルセロナはどうしてもアーセナルのDFエクトル・ベジェリン(22)を復帰させたいようだ。スペイン『マルカ』によると、MFラフィーニャ・アルカンタラ(24)をトレード要員として検討しているようだ。

 ベジェリンは2011年にバルセロナの下部組織からアーセナルに移籍。13年7月にプロ契約を結んだ。ここまでアーセナルで公式戦114試合に出場。今季プレミアリーグで33試合に出場していた。また、スペイン代表にも選出されるなど、頭角を表す若きサイドバックのスピードスターは、昨年11月にアーセナルと契約を延長している。

 すでに家族はスペインへ引っ越したとも報じられているが、バルセロナはベジェリン獲得に向けて移籍金に加えてラフィーニャを含める用意があるようだ。ラフィーニャは今季リーガ・エスパニョーラで18試合に出場したが、4月2日のグラナダ戦で負傷。右ひざ半月板を手術し、4か月の離脱と報じられている。

最終更新:6/20(火) 9:31
ゲキサカ