ここから本文です

出場32チーム決定。大宮ユースや東京Vユース、三菱養和SCユースなどが予選敗退に

6/20(火) 12:50配信

ゲキサカ

 第41回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会に出場する32チームが出揃った。昨年優勝のFC東京U-18が関東予選1位、昨年準優勝の清水エスパルスユースが東海予選1位でそれぞれ出場を決めた一方、高円宮杯プレミアリーグEAST所属の大宮アルディージャユースや14年優勝の三菱養和SCユース、10年・11年連覇の東京ヴェルディユースなどが予選敗退している。

 グループステージ組み合わせは6月26日に決定。大会は7月23日に開幕し、決勝は8月2日に味の素フィールド西が丘で行われる。
 
※出場チームは以下のとおり。()内は出場回数
【北海道】
1.コンサドーレ札幌U-18(21)
2.サンクFCくりやまU-18(3)

【東北】
1.モンテディオ山形ユース(9)
2.塩釜FCユース(18)
3.ベガルタ仙台ユース(20)

【関東】
1.FC東京U-18(17)
2.川崎フロンターレU-18(13)
3.浦和レッズユース(18)
4.鹿島アントラーズユース(18)
5.柏レイソルU-18(22)
6.横浜F・マリノスユース(30)
7.横浜FCユース(7)
8.FC町田ゼルビアユース(9)
9.ジェフユナイテッド千葉U-18(16)
10.湘南ベルマーレユース(13)
11.栃木SCユース(2)

【北信越】
1.松本山雅FC U-18(3)
2.アルビレックス新潟ユース(18)

【東海】
1.清水エスパルスユース(18)
2.名古屋グランパスU18(22)
3.ジュビロ磐田U-18(27)

【関西】
1.ガンバ大阪ユース(25)
2.ヴィッセル神戸U-18(20)
3.京都サンガF.C. U-18(20)
4.セレッソ大阪U-18(22)
5.センアーノ神戸ユース(4)

【中国】
1.サンフレッチェ広島F.Cユース(24)
2.ガイナーレ鳥取U-18(5)

【四国】
1.愛媛FC U-18(20)

【九州】
1.アビスパ福岡U-18(18)
2.大分トリニータU-18(13)
3.ロアッソ熊本ユース(12)

最終更新:6/20(火) 12:50
ゲキサカ