ここから本文です

新潟MFガリャルドがヘアスタイルを変えた理由…ある少年からの手紙がきっかけに

6/20(火) 15:02配信

ゲキサカ

 アルビレックス新潟に所属するMFチアゴ・ガリャルドの独創的なヘアスタイルが話題となっている。そのヘアスタイルに至った理由を、ガリャルドのスタイリングを務めた美容師の長谷部崇さんがインスタグラム(@hasetaka1983)で明かした。

 今季ブラジルのポンチプレッタから加入したガリャルドは、豊富な運動量とスピード、正確なパスでチームの攻撃を牽引。ここまでリーグ戦15試合に出場し、1得点を記録している。

 そんなガリャルドのプレーに1人の少年、斎藤諒馬くんが虜になり、ガリャルドに手紙を送った。彼は難病のベーチェット病により闘病中で、少しでも彼の力になりたいと考えたガリャルドは、17日にデンカビッグスワンスタジアムで開催されたJ1第15節・大宮戦に招待することに。さらに諒馬くんに髪型や色のリクエストをもらい、そのスタイルで試合に出場するということを約束した。

 諒馬くんのリクエストは「髪型はお任せします。髪の色はスタジアムのどこから見てもわかるようにオレンジがいいです!!」と新潟のクラブカラーを指定。髪型については美容師の長谷部さんが、「チアゴ選手のRyoma君に対する想い、Ryoma君が一生忘れられない思い出として心に刻めるようなデザインにしたい」(原文ママ)と考え、デザインを作成した。

 カラーは諒馬くんのリクエスト通りオレンジをベースに、ポイントでもう一つのクラブカラーであるブルーを入れた。左サイドに諒馬くんのイニシャルの頭文字でもある『R』をラインとカラーで表現し、「憧れのチアゴ選手が自分のイニシャルを頭に刻んでプレーしている姿をRyoma君が見たら喜んでくれるかなっていう想いと、チアゴ選手がRyoma君と一緒に自分自身のゲーム、Ryoma君の病気と闘っていく」という想いを表現した。

 また右サイドには、新潟のシンボルでもある白鳥座のアルビレオ(星)をイメージしたブルーの星をデザイン。ガリャルドが語ったという、「自分にはイイ星が輝いてくれていてプロサッカー選手になれたし、とても素晴らしい環境でサッカーが出来ている。Ryoma君にもイイ星が輝きますように!!」という願いも込められている。

 ガリャルドはこのヘアスタイルで大宮戦に臨み、後半28分までプレーしたが、残念ながら新潟は1-2で敗戦。諒馬くんに勝利を届けることはできなかった。

 試合の翌日18日には諒馬くんをクラブハウスに招待。その際にガリャルドは自身のヘアスタイルに込めた想いを伝えた。それを聞いた諒馬くんはガリャルドの気持ちに感謝し、感動して涙を流していたという。闘病中の少年をサポートするためにヘアスタイルを変えたガリャルド。プロサッカー選手としてプレー以外でもファンに夢や希望を与えている彼の行動を称えたい。

最終更新:6/20(火) 15:07
ゲキサカ