ここから本文です

結婚祝うサプライズも…W杯予選が頭が離れない長友「オフでも気は張りつめている」

6/20(火) 15:23配信

ゲキサカ

 日本代表DF長友佑都(インテル)が20日、都内で行われた「MTG TAIKAN STREAM/Style BX新製品発表会」に出席した。イベントにはゴルフの片山晋呉も登場し、2人がMTGとともに共同開発した2つの新製品を紹介。実際に器具を使って体幹トレーニングも実践した。

 水のチカラで体幹を効率的に鍛えるトレーニングギア「TAIKAN STREAM」について長友は「いろんな体幹トレーニングを試してきたけど、水を使ったものは初めて。中で水が動くことで体のコアな部分が刺激されるし、脳や神経も集中していないと体を持って行かれる」と、そのアイデアと機能性を絶賛する。

 また、着用することで体幹の整った美しい姿勢に導くサポートベルト「Style BX」についても「日本に帰ってきて思うのは姿勢の悪い人が多いなということ。姿勢が悪いと腰痛につながるし、自信もないように見える。この商品ならすべてを解決できるし、姿勢が変われば気持ちもポジティブになる」と力説した。

 24日には妻で女優の平愛梨との結婚披露宴を控え、イベント後には花束を贈られるサプライズもあった。代表戦も終え、今はオフシーズンだが、頭の中には8月31日のW杯アジア最終予選・オーストラリア戦(埼玉)、9月5日の同サウジアラビア戦(アウェー)があるという。

 今月13日のイラク戦は中立地のイラン・テヘランで1-1の引き分けに終わった。B組首位を守り、8月31日のオーストラリア戦に勝てば6大会連続のW杯出場が決まるが、逆に引き分け以下に終わった場合、サウジアラビアとのアウェー戦に勝たなければならない崖っ縁に追い込まれる。

「この2試合に勝てないとW杯には行けない。今はオフだけど、気は張りつめているし、常に代表のこと、そこで勝つイメージをしている」。そう胸の内を語る長友は「しっかりそこで勝って、W杯を決めたい気持ちがある」と、真剣な表情で気合を入れ直していた。

最終更新:6/20(火) 19:47
ゲキサカ