ここから本文です

ロシア、シリア西部飛ぶ米軍機は「標的」 衝突回避措置を停止

6/20(火) 20:01配信

CNN.co.jp

モスクワ(CNN) 米軍主導の有志連合がシリア政権軍機を撃墜したことに対し、アサド・シリア政権を支援するロシアが強い反発を示している。ロシア国防省は、シリア上空で米軍との衝突を回避するために設けていた通信回線を遮断したと宣言した。

ロシア国防省は、米軍によるシリア機撃墜を「シリアの主権をあざ笑う侵害行為」「軍事的侵略」と非難した。

そのうえで、ロシア軍機が戦闘任務に当たっているユーフラテス川から西側の上空では今後、有志連合の無人機を含むあらゆる航空機を「標的」とみなすとの方針を示した。

ロシアのリャブコフ外務次官も19日、「米国は敵と称するテロリストを支援している」「米国が国際法を公然と無視してることを改めて示す行為だ」と述べていた。

有志連合側の報道官はロシア側の声明から数時間後、部隊の安全を確保しながら過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の掃討作戦を継続できるよう、有志連合機の配置を変更したと発表した。

一方、米国防総省のダンフォード統合参謀本部議長は、米ロ間の通信が途絶えたわけではないと強調。米国は外交、軍事の両面で衝突回避措置の回復を図っていると述べ、「大げさな対応が一番いけない」と指摘した。

米ロ両国はいずれもISIS掃討を掲げてきたが、アサド政権を支援するロシアに対し、米軍主導の有志連合は反体制派と連携している。両国は昨年、シリア上空での衝突を回避する目的で緩衝ゾーンや専用の通信回線を設けていた。

今年4月には、米軍によるシリア軍基地へのミサイル攻撃を受て、ロシアが衝突回避措置を停止すると宣言し、一時的に緊張が高まっていた。

最終更新:6/20(火) 20:01
CNN.co.jp