ここから本文です

イスラエル前首相、胸の痛みで入院

6/21(水) 0:00配信

時事通信

 【エルサレム時事】イスラエルのメディアなどによると、オルメルト前首相(71)が20日、胸の痛みを訴え、テルアビブ郊外の病院に入院した。

 複数の汚職事件で禁錮2年3月の実刑判決を受けており、収監中だった。

 前首相は1993年から10年間、エルサレム市長を務め、2006年に首相に就任したが、汚職疑惑が相次ぎ08年に辞任。市長時代の高級マンション建設をめぐる汚職事件で禁錮1年7月の判決を受け、16年2月に中部ラムラにある刑務所に収監された。別の汚職で同年9月、刑期8月が追加された。 

最終更新:6/21(水) 0:05
時事通信