ここから本文です

モブ・ディープのプロディジーが亡くなる 42歳

6/21(水) 20:00配信

bmr.jp

モブ・ディープのプロディジーが亡くなる 42歳

モブ・ディープのプロディジーが亡くなる 42歳

90年代に『The Infamous』などの名作を生み出したニューヨーク・ヒップホップのベテラン・デュオ=モブ・ディープのメンバーであるプロディジーが、42歳の若さでこの世を去ったことが発表された。

プロディジーことアルバート・ジョンソンは以前から、赤血球が鎌形になる血液の遺伝性疾患、「鎌形赤血球貧血症」を抱えていることを明かしていたが、数日前にこの鎌形赤血球貧血症による合併症を起こしてラスベガスの病院に緊急搬送され、現地時間で今月20日に亡くなった。公式声明では、「非常に悲しく、そして信じられないことですが、ニューヨークの伝説的なラップ・デュオ=モブ・ディープのプロディジーとして多くのファンに親しまれる、我らが友アルバート・ジョンソンが亡くなったことをお伝えします」などと綴られている。

モブ・ディープは、1996年11月発表の3作目『Hell On Earth』の発売20周年記念ということもあってライブ活動をここ最近活発に行っており、今月17日にもラスベガスで行われた〈Art of Rap〉というイベントに出演したばかりだった。ラスベガスの病院に入院していたことから、この公演後に容態が悪化したものと見られる。また、AZの新曲“Save Them”にゲスト参加しており、そのミュージック・ビデオも先週公開されたばかり。

鎌状の赤血球は壊れやすく、すぐに分解されるために貧血を起こしやすい。また鎌状赤血球は堅くなっているために微小血管を通過することができず、血流の阻害、酸素供給量の低下などを引き起こすが、この症状が長期化すると、脾臓、腎臓、脳、骨などの臓器に損傷を与え、腎不全や心不全を起こすこともある。加えて、鎌形赤血球症の患者は多くの場合、青年期までに脾臓(ひぞう)がひどく損傷し、感染症にかかりやすくなるなど合併症を起こしやすくなるとされる。鎌形赤血球貧血症はアフリカ系に多く見られ、故マイルズ・デイヴィスやTLCのT・ボズらも発症している。

“Shook Ones Pt. II”などのヒップホップ・クラシックを生んだモブ・ディープの片割れであるプロディジーの訃報には、ナズが「キング・P」と讃えながらその死を悼むコメントを発表したほか、“Save Them”でも共演したばかりのレイクウォンや、Qティップ、メソッド・マン、ゴーストフェイス・キラー、パフ・ダディ、ジャスト・ブレイズ、ナインス・ワンダー、リル・ウェイン、ウィズ・カリファなど多くのヒップホップ・アーティストたちが驚きと共に追悼の想いを綴っている。相方であるハヴォックは言葉少なく、プロディジーの写真と共に「永遠に」と綴るのみに留まっている。

また、モブ・ディープやウータン・クランなどを送りだしたLoud Recordsの創設者だったスティーヴ・リフキンドは、米Billboard誌のインタビューに応じ、「私が最初にプロディジーに会ったのは、モブ・ディープがレコード契約を求めて私のオフィスにやってきた時だった。94年の始めだね。彼らはすでにスーパースターのようだった。音楽を聴くまでもなく、『こいつらと契約しないと』と思ったことを覚えているよ」と出会いを振り返り、プロディジーについて、「史上最高のヒップホップ作品を生んだピュアなリリシストであり、家族を大事にする男だった」と語っている。

90年代にハヴォックとプロディジーのデュオとして登場したモブ・ディープは、1995年に発表したセカンド・アルバム『The Infamous』でその名を知らしめ、“Shook Ones Pt. II”、“Survival Of The Fittest”といったヒットを放ったほか、NYハードコア・ヒップホップの傑作としてヒップホップ史に名を刻んだ。プロディジーの3年間の服役生活や鎌形赤血球もあって、一時はグループとしての活動は停滞したものの、デビュー作『Juvenile Hell』の発売から20周年になる2013年頃から再結成ツアーを行うなど動き出し、翌2014年には、『The Infamous』の未発表音源などをまとめた『The 1994 Infamous Sessions』と、『Mobb Deep』という新作から成る2枚組『The Infamous Mobb Deep』をリリースしている。また個々にソロとしても活発に動いており、プロディジーは2015年の時点で、『The Hegelian Dialectic』と題したソロ新作をアナウンスしていた。

最終更新:6/21(水) 20:00
bmr.jp