ここから本文です

介護状態改善の自治体を優遇 来年度から交付金増 会議開きケアプラン点検

6/21(水) 5:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 高齢者の介護予防や状態の改善に取り組み、成果があった自治体には交付金を上積みする――。そんな優遇策が来年度から始まります。手段として注目されるのが、介護保険を使う際に必要なケアプラン(介護計画)をチェックする「地域ケア会議」です。すでに設置している自治体では成果が出てきていますが、高齢者が自立を強いられるのではと懸念する声もあります。

 「デイケア(通所リハビリ)のお風呂に慣れると、意欲が下がって自宅入浴が難しくなる場合もあります」
 「この計画で介護度は下がりますか」
 大分県杵築市で今月あった「地域ケア会議」で、ケアプランをつくったケアマネジャーに、作業療法士や薬剤師ら約30人が次々と意見を述べた。……本文:4,831文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社