ここから本文です

キタサンブラック清水久師「行くところまで行ってやろうと」/宝塚記念共同会見

6/21(水) 12:45配信

netkeiba.com

■キタサンブラックを管理する清水久詞調教師

――現在の心境を。
清水 まずは順調に来れたのでよかったです。

――前走の天皇賞(春)を振り返ってください。
清水 本当に強かったと思います。(道中)折り合っていましたので、安心して見ていられましたね。レース直後はいつもどおり、すぐに息が入りました。そんなにイライラするようなところもありませんでした。その後、栗東に連れて帰ったあとはさすがに体は細くなって疲れた様子はあったんですが、特に痛めたところはありませんでしたので、それが何よりでしたね。

――この中間の調整は?
清水 内容は変わったことは取り入れていません。少し休養を与えてあげて、しっかりと疲れをとって宝塚まで逆算してこちらの思い通りに立ち上げていくことができましたね。

――先週の1週前追い切りはいかがでしたか?
清水 しっかりやりたかったので、指示どおりの時計で追い切りました。最後の動きもよかったですね。

――今朝の最終追い切りはいかがでしたか?
清水 馬場が悪い中でしたが、しっかりと終いの反応もよかったです。いい追い切りが出来たと思います。

――この春はGI3連戦になりますが?
清水 元気な馬ですね。毎回毎回目一杯仕上げていますから、馬にとってはかわいそうなローテーションなんですけど。丈夫な馬なので、期待以上に頑張ってくれていますのでね。もう1回頑張って欲しいと思います。

――改めて、この馬の強みは?
清水 よく聞かれますが、やぱり健康で丈夫なところじゃないですか。回復も早いですし、すごくハードに鍛えているんですけど、へこたれずに頑張って期待に応えてくれています。

――坂路3本追いも含めて、ハードトレーニングが代名詞になりつつありますが?
清水 以前から使うごとに「強い強い」と思うばかりで、果たしてどこまで強いのかというところだったので。それならば鍛えるだけ鍛えて、行くところまで行ってやろうという気持ちです。本当に頭の下がる馬ですね。

――昨年の段階から「まだ強くなる」と話していました。今年に入り、完成期・充実期に入ったかと思いますが?
清水 昨年の天皇賞(春)や宝塚記念の頃と比べると見るからにパワーアップしているのがわかります。ジョッキーも全然違うと言っています。今年になってさらに強くなったというイメージですね。

――週末は雨が降り道悪の可能性もありますが?
清水 特に馬場は気にはしていません。競馬で雨が降っても、僕は問題ないと思います。

――宝塚記念は2年連続、昨年の有馬記念も含めるとグランプリのファン投票では3回連続で1位です。
清水 本当にありがたいですね。なかなかこれだけの馬には巡り合えないです。その期待に応えたいと思ってます。

――このポテンシャル、名馬の域に達していますね?
清水 そうですね。もうGI5勝ですしね、感謝しかないですね。

――そして、その先も期待は広がります。
清水 もちろん凱旋門賞も登録していますし、選択肢のひとつとして考えています。まずは宝塚記念に全力投球して結果を残して、前向きにオーナー(北島三郎氏)と相談したいと思っています。

――最後にひとこと。
清水 これだけ支持をいただいてありがたいことです。今年も2戦2勝といいスタートが切れています。いい状態で本番を迎えたいと思っておりますので、ぜひ競馬場まで足を運んでください。よろしくお願いします。

(取材・写真:花岡貴子)

最終更新:6/21(水) 12:51
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ