ここから本文です

川栄李奈、高橋一生につきまとうゴスロリストーカーに! 『嘘を愛する女』新キャスト

6/21(水) 5:00配信

cinemacafe.net

知り尽くしていたはずの愛する人の素性が全て嘘だったら…、なぜ嘘をつき続けたのか、その愛は本物か、愛とは何なのか…といった新感覚のラブストーリーを描く、長澤まさみ・高橋一生共演作『嘘を愛する女』。この度、本作の新たなキャストとしてDAIGOと川栄李奈の出演が決定。人物カットが公開された。

【写真】長澤まさみ&高橋一生/『嘘を愛する女』

その姿は世の女性が憧れる理想像。食品メーカーに勤め、業界の第一線を走るキャリアウーマン・川原由加利(長澤まさみ)は、研究医で面倒見の良い恋人・小出桔平(高橋一生)と同棲5年目を迎えていた。ある日、由加利が自宅で桔平の遅い帰りを待っていると、突然警察官が訪ねてくる。「一体、彼は誰ですか?」くも膜下出血で倒れ意識を失ったところを発見された桔平。なんと、彼の所持していた運転免許証、医師免許証は、すべて偽造されたもので、職業はおろか名前すらも「嘘」という事実が判明したのだった。

騙され続けていたことへのショックと、「彼が何者なのか」という疑問をぬぐえない由加利は、意を決して私立探偵・海原匠(吉田鋼太郎)と助手のキム(DAIGO)を頼ることに。調査中、桔平のことを“先生”と呼ぶ謎の女子大生・心葉(川栄李奈)が現れ、桔平と過ごした時間、そして自分の生活にさえ疑心暗鬼になる由加利。やがて、桔平が書き溜めていた700ページにも及ぶ書きかけの小説が見つかる。そこには誰かの故郷を思わせるいくつかのヒントと、幸せな家族の姿が書かれていたのだった。海原の力を借りて、それが瀬戸内海のどこかであることを知った由加利は、桔平の秘密を追うことに…。

なぜ桔平は全てを偽り、由加利を騙さなければならなかったのか? そして、彼女はいまだ病院で眠り続ける「名もなき男」の正体に、辿り着くことができるのか――。

本作は、2015年に開催された「TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILM2015」で、応募総数474本の中から初代グランプリを勝ち取った中江和仁オリジナル脚本による映画。「ゆうちょ銀行」「住友生命」「シーブリーズ」などを手掛けているCM界の若き才能・中江さんが、今回初の長編映画に挑戦。

愛する人の嘘に翻弄されるヒロイン・由加利役を長澤さん、正体不明の由加利の恋人・桔平役を高橋さん、そして由加利の協力者となる私立探偵・海原を吉田鋼太郎が演じることがすでに発表されたいるが、今回新たに2人のキャストが発表! DAIGOさんが演じるのは、吉田さん演じる私立探偵・海原匠の部下、木村(通称:キム)。デジタル系に強い理系で、パソコンに疎い海原を乱雑に扱っている。飄々としていて愛想もないが、ハッカーとしての腕は秀でているという役どころだ。また、川栄さんが演じるのは、高橋さん演じる桔平にストーカーのようにつきまとう女子大生・心葉。愛読書は芥川龍之介で、桔平のことを先生と呼ぶ。

本作でDAIGOさんは、長髪センター分けで、メガネをかけた超個性派な風貌で出演。自身も「ロン毛のカツラをつけて演じることが人生で初めてで、浮かないか心配だった」と漏らすも、監督や長澤さんに違和感がないと言われたそうで、安心して撮影に臨めたそう。撮影では、「SNS=すごく馴染んだ初日」とコメントし、普段の撮影現場でもDAI語が炸裂かと思いきや、「HD(俳優・DAIGO)ですから」といつものキャラクターは封印。実写映画出演は『劇場版 カードファイト!! ヴァンガード 3つのゲーム』以来3年ぶりとなるだけに、出演への気合い十分のよう。さらに「キムになりきるためにはじめてHG(ひげ)を初解禁しています。超わかりづらいですがチェックしてみてください!」とアピールしている。

一方、連続テレビ小説「とと姉ちゃん」や「フランケンシュタインの恋」などに出演する川栄さんは、本作で人生初のゴスロリファッションを披露しており、「こんな素敵な衣装を着させていただくのも初めてだったので、すごく楽しかったです」とコメント。劇中では吉田さんに回し蹴りを入れるシーンや、長澤さんからビンタを受けるシーンにも初挑戦。「生きてきて初のビンタが長澤さんだったのは、光栄でした(笑)」と明かし、「吉田鋼太郎さんに回し蹴りを入れるシーンも気合いを入れて練習したので、いまからどうなっているか楽しみ」と映画完成が待ち遠しいと話した。

『嘘を愛する女』は2018年、全国東宝系にて公開予定。

最終更新:6/21(水) 5:00
cinemacafe.net