ここから本文です

米軍機、政権派無人機を撃墜=シリア

6/21(水) 0:25配信

時事通信

 【カイロ、ワシントン時事】過激派組織「イスラム国」(IS)掃討中の米軍主導の有志連合は、シリア南部タンフ近郊で20日、アサド政権派の無人機を撃墜したと発表した。

 シリアでは北部ラッカ近郊で18日、米軍機がシリア政府軍の戦闘機を撃墜したばかり。

 有志連合によると、米軍の戦闘機F15Eがタンフの駐屯地付近で、武装した無人機を発見。「敵意を示し接近してきたため撃墜した」と主張している。 

最終更新:6/21(水) 3:25
時事通信