ここから本文です

「リカちゃん」単独インタビュー 「小5」続けて50年 「ファンと一緒に時代を振り返りたい」

6/22(木) 7:00配信

withnews

 「リカちゃん」の愛称で知られる、おしゃれ小学5年生の香山リカさん(11)が、withnewsのインタビューに応じました。ファンから支持を集めているSNSの写真は「いつも目をパッチリ開けて、笑顔で撮る」と工夫を明かしてくれました。50年間、プロの小学5年生を続けてきたリカちゃん。昔からのファンに「いっしょに時代を振り返りたい」と呼びかけています。(朝日新聞経済部・高野真吾)

【写真特集】真央ちゃん、GODIVA、フランスへ、リア充すぎるリカちゃんおしゃれ七変化

タレントの強み「好奇心旺盛」

 ――香山さん、5月末に発表になった「日本おもちゃ大賞 2017」の「特別賞」受賞おめでとうございます。「最近では子どもだけでなく大人の女性まで魅了するブランドとして、今なおファンを拡大し続けている」と評価されていましたね。

 「ありがとうございます。ところで、記者さん、リカのことは、リカちゃんって呼んでくれるとうれしいです♪」

 ――失礼しました。それでは、リカちゃんさんへのインタビューに入りたいと思います。

 「うふふ リカちゃんって呼んでください♪」

 ――そうでしたね。リカちゃんは最近、チョコレートのGODIVAや花王のシャンプー「ASIENCE」のPRを担うなど、タレントとしての注目度が上がっています。ご自身では何が魅力、強みになっていると考えていますか。

 「起用していただいている理由は、おしゃれが大好きで好奇心旺盛にいろいろなことにチャレンジしていることや、幅広い世代の方にリカのことを知っていただいていることだそうです」

 「あと『SNSをいつもみています!』と言っていただくことが多いです! PRのお手伝いは、普段できない経験をさせていただいているのでとっても楽しいです♪」

フランス観光親善大使「もともと関係深かった」

 ――今年3月には「2017年度 フランス観光親善大使」に就任しました。音楽家であるお父様のピエールさんがフランス人で、もともとフランスとご縁が深いことが決め手になったのでしょうか。

 「パパがフランス人であることや、2016年にはパリでリカの特別展を開催したこともあって、もともと関係が深かったこと。それと、女の子の目からみたフランスの魅力をツイッターやインスタグラムでたくさんの人に伝えてほしい、という理由から任命していただきました!」

1/4ページ

最終更新:6/22(木) 7:00
withnews