ここから本文です

シュヴァルグラン福永騎手「GIのタイトルを獲らせてあげたい」/宝塚記念共同会見

6/21(水) 15:30配信

netkeiba.com

■シュヴァルグランに騎乗予定の福永祐一騎手

――前走の天皇賞(春)を振り返ってください。
福永 今年に入って馬が一段階レベルアップした印象を受けていました。実際、競馬での走りも今までよりたくましくなりました。天皇賞(春)に関しては非常に強い馬を相手に最後まで走り切ってくれました。結果は残念でしたけど、最後まで一生懸命でしたし立派な走りだったと思います。

――昨年の段階から「よくなるのはもう少し先」と話していましたが、そのあたりは?
福永 馬なのでハッキリしたことはわからなかったですけど、そういった余地を残していた馬だったので思っていたとおりに成長してくれたように思います。これからさらにどうなるかは未知の部分ですけど、ハーツクライの産駒は時として予想を超えるような成長を見せてくれるような馬もいましたので。さらに良くなってくれれば言うことないですけど、現状でも強い馬を相手に十分渡り合ってくれています。今回は距離は1000m短くなりますが、いい走りを見せてくれるのではないかと期待しています。

――改めて、この馬の強みは?
福永 操作性の高さと豊富なスタミナですね。

――騎乗された1週前追い切りはいかがでしたか?
福永 いつもどおりというか、目立った動きではなかったですけど。予定どおりの調教過程を踏めているのが何よりです。

――前走の反動は感じましたか?
福永 乗った感じでは感じなかったです。

――今回は登録の段階では11頭となっています。そのあたりは?
福永 スタートはずいぶん良くなりましたが、前回くらいが限界なので。あまり頭数が多いと後ろからの競馬になってしまう可能性もありましたから、そういう意味では頭数が少ないのは歓迎だと思います。

――昨年の宝塚記念は9着でしたが?
福永 去年はあまりペースが速くない中、内で動くに動けず不完全燃焼な競馬になりました。直線バラけてからもそんなに目立った動きは見せなかったんですけどね。そういった意味も含めてこの時期がどうなのかというのは、まだ何とも言えないところはありますけれど。ただ、厩舎スタッフが言うには昨年よりはいい状態で臨めるんじゃないかということなので。改めて期待したいと思います。

――妹のヴィブロス、姉のヴィルシーナに続いてGI制覇の期待がかかります。
福永 姉妹が先にGI馬になりました。妹が先にGI馬になってしまいましたが、この馬もあともう一歩というところまできているんでね。なんとかGIのタイトルをこの馬に獲らせてあげたいという気持ちは強いですし、ずっとコンビを組ませてもらっていますので。佐々木オーナーの馬で友道厩舎でこの血統、非常にたくさん騎乗機会をもらっています。

 シュヴァルグランに関してはジョッキーの中では誰よりも一番理解できていると思っています。あとは本当にこの馬に足りないのはタイトルだけだと思います。それが今回なれば、という思いで乗りたいと思います。

――道悪はいかがですか?
福永 先週までの傾向をいうと、中間雨も降らなかったので土曜日はすごく速いタイムが出て、なかなか差しが決まりませんでした。でも、雨が降ることでその傾向も若干変わってくれれば差し馬が台頭する場面も出てくると思います。重馬場はあまり走っていないので、この馬がマッチするかどうかは何とも言えないところがありますが、そこはこなしてくれるものと信じて頑張りたいなと思います。

――ジョッキー目線から見て、キタサンブラックをどう見ますか?
福永 文句なしの国内の最強馬だと思います。競馬ぶりからも隙を見つけるのが難しい馬だなと思います。

――最後にひとこと。
福永 本当に高い評価をいただき、たくさんの票を投票してくださって光栄に思います。その馬の背中に跨れるということで、非常に光栄に思います。おそらく、天皇賞(春)での走りをたくさんの方に評価していただいたんじゃないかと思います。

 僕自身、背中に跨っていてあの馬の頑張りに感動すら覚える走りをしてくれていましたんで。なんとかGIのタイトルを獲らせてあげたいな、と思います。今回も順調に調整過程を踏めていますので、強い馬はいますけど、なんと負かせられるようにと思っていますのでファンの方にも応援していただけたらと思います。


■シュヴァルグランを管理する友道康夫調教師

――この春の成績を振り返ってください。
友道 この馬の力を全レース、100%以上出していると思います。

――天皇賞(春)はキタサンブラックの2着でした。
友道 いつも強い馬が1頭いるんですが、この馬は本当に全力で走ってくれます。

――この中間の調整過程は?
友道 天皇賞(春)のレース後、2週間ほど放牧に出してゆっくりさせました。その後も疲れもなく、ここまで順調にこれました。追い切りは先々週がうちの助手、先週がジョッキーが乗ってCWで長めから行いました。

――福永騎手が騎乗しての1週前追い切りはいかがでしたか?
友道 もともと調教はそんなに動く馬ではないんですが、足取りもしっかりしていましたし問題ないと思います。福永騎手からは「天皇賞の状態はある」と言われました。

――今朝の最終追い切りはいかがでしたか?
友道 先週しっかりやってて出来ていると思うので、坂路で併せて終いだけ追ってもらいました。今朝は朝から雨で馬場状態が悪かったですし、もともと動きのいい馬ではないので時計はかかったんですけども。乗っていた助手も「しっかり動いていたので問題ない」と話していましたし、僕も見ていてこの馬なりにいい動きだったと思いました。

――昨年の宝塚記念は9着でしたが、昨年と比べていかがですか?
友道 昨年は正直ちょっと天皇賞の疲れも残っていたと思うんですが、今年は1年経って馬も成長しました。この春は3回使ってダメージもなくきています。昨年に比べたら馬も成長しているし、天皇賞の疲れもなく本当にいい状態で出走できると思います。

――昨年と比べて、どのあたりに成長を感じますか?
友道 腰回り、トモがしっかりしてきました。これにより動きもゲートの出も良くなって、いい位置がとれるようになりました。

――距離が一気に短縮されますが?
友道 昨年までは先ほど言ったとおり、ゲートの出が悪くて位置取りが後ろからになってしまっていたのですが、昨年の秋から今年にかけてゲートの出がスムーズになってポジションがとれるようになってきました。若干距離は短くなりますが、問題ないと思います。

――道悪はいかがですか?
友道 湿る程度の雨ならば問題ないと思います。

――妹のヴィブロス、姉のヴィルシーナに続いてGI制覇の期待がかかります。
友道 妹に先にGI勝ちを越されたので、なんとかお兄ちゃんにも頑張ってもらいたいですね。

――ファン投票は第3位でした。ファンの皆さんにメッセージを。
友道 本当にどうもありがとうございました。春はこれが最後のGIですが、この馬にGIタイトルを獲らせてやりたいので応援よろしくお願いします。

(取材・写真:花岡貴子)

最終更新:6/21(水) 15:30
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ