ここから本文です

上越・柿崎でまつり お引き上げ盛況 120軒露店巡り

6/21(水) 10:35配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 上越市柿崎区で夏の訪れを告げる「お引き上げ商工まつり」が20日、同区柿崎の中心商店街で3日間の日程で始まった。訪れた人々は綿あめやかき氷、ヨーヨーなど約120軒の露店を巡って楽しんでいた。

 まつりは、柿崎区の寺にゆかりのある浄土真宗の開祖、親鸞聖人の遺徳をしのぶ報恩講で約300年続く。親鸞聖人の命日が1月16日と寒い時期のため、田植え作業を終えたこの時期に繰り上げ(引き上げ)て開くことから「お引き上げ」と呼ばれている。

 柏崎市緑町の男性(75)は「商店街に昔の家並みが残っており、懐かしく落ち着きますね。伝統の祭りをずっと残してほしい」と話した。

 最終日の22日は大民謡流しが行われる。