ここから本文です

大塚商会、レンタル業をサポートするソリューション

6/21(水) 15:47配信

BCN

 大塚商会(大塚裕司社長)は6月20日、レンタル業のフロント業務をサポートするレンタル業向けソリューション「レンタレンジ(RENTARRANGE)」を6月23日に発売すると発表した。

 レンタレンジは、レンタル業特有の契約、貸し出し、返却、在庫の管理、売り上げ、請回収、仕入れ、支払いなどの業務全体をサポートするソリューション。見積り、予約、在庫や得意先との取引状況など、各種情報の一元化により、営業や得意先からの問い合わせに迅速でスムーズな回答できるため、顧客満足度の向上と契約機会ロスの防止につなげることができる。

 レンタル品の稼働状況を可視化することで、効率的な稼働サイクルを実現。レンタル業界が目指す「生涯貢献利益の最大化」を支援する。モバイルにも対応しており、外出中も社内への確認などを行う必要がなく、営業担当者自身による迅速で効率のよい対応が可能となる。本稼働までのサポート面についても、業界ノウハウを保有したSEによるコンサルティングが提供可能で、導入の基本的な項目について、顧客の要望に沿った運用が行えるよう最適な設定を支援する。

 税別価格はスタンドアロン版が100万円、LAN版が240万円から。修理点検オプションが60万円、モバイルオプションが50万円。オプションは10月末発売の予定。同社では、主に中堅レンタル業を対象に、発売初年度で20セットの販売を目標としている。

最終更新:6/21(水) 15:47
BCN