ここから本文です

【フィリピン】福島工業、首都圏に駐在員事務所

6/21(水) 11:30配信

NNA

 業務用冷凍・冷蔵庫、ショーケース大手の福島工業はこのほど、マニラ首都圏タギッグ市に駐在員事務所を開設した。日系外食店の進出増を見越し、1~2年先をめどに販売子会社の設立を視野に入れる。2015年にタイ工場を稼働したことに合わせ、東南アジアでの販売を強化する戦略の一環。東南アジアの拠点設置は7カ国目となる。
 松原宏至所長とフィリピン人従業員1人の体制で、5月に活動を開始した。7月からは日本人の技術アドバイザー1人も駐在する予定だ。日本を含む他国の拠点で契約した日系進出店の機材設置や、現地代理店を通じた販売の支援などを行う。
 松原所長はNNAに対し、「他国の拠点で、日系外食店からフィリピンへ進出する計画について相談を多く受けるため、現地拠点の設置を決めた」と話した。フィリピンでは既に、香港法人を窓口にして日系レストランなど数社に製品を納入した実績がある。
 福島工業は東南アジアで、シンガポール、マレーシア、タイ、ベトナム、カンボジア、インドネシアに販売会社を設置している。15年6月には、タイ東部に東南アジア初の工場を稼働、業務用冷凍・冷蔵庫を中心に生産している。ミャンマーに駐在員事務所を設置する計画もある。

最終更新:6/21(水) 11:30
NNA